恵利工務店の耐震住宅

新しい工法を用いた耐震補強工事

国土交通大臣認定且つ住宅等防災技術評価取得の耐震壁、耐震補強用内壁補強キットを使用し、既存住宅を現行の耐震基準以上に補強致します。



●耐震診断の流れ 《まずは無料の耐震診断から》

1)木造住宅の耐震診断の情報収集調査を行います。
 (現地調査による筋交い位置・数量、基礎、天井の金物の状態を確認、外壁、内壁の仕上げ等の確認)
     ↓
2)現状の建物の耐震診断を行います。
(耐震診断の計算ソフト(国土交通大臣認定)を使用します。)
     ↓
3)現状の建物の耐震診断と、それに対する補強提案書を作成します。
 (工事見積書も添付します。)
     ↓
4)耐震補強工事の内容説明と工事金額の提示を行います。
 (福岡市の補助金のおおよその金額をお知らせします。それによって、自己負担額もわかります。)

●福岡市の補助金助成制度

  • 対象住宅/昭和56年5月31日以前に建築確認を得て着工した2階建て以下の木造戸建て住宅に適用。
  • 助成金/1戸につき900,000円を上限とし、耐震補強工事に要する額の46%に相当する額と延べ面積に32,600円を乗じて得た額の46%に相当する額のどちらか低い額を補助。
  • 更新日2019年5月1日

●木造戸建て住宅耐震補助申請の流れ

1)戸建て住宅の所有者からの相談(随時受付)
          ↓
2)耐震改修補助要件の確認・申請書類作成(補助対象の判断)
  (建物調査・耐震診断)
        ↓
3)福岡市(企画・耐震推進課)へ補助金の申請書類提出
          ↓
4)福岡市(企画・耐震推進課)の補助金申請の審査
          ↓
5)福岡市より補助金交付決定通知
    ↓
6)工事着工
    ↓
7)工事完了後 福岡市へ完了実績報告書の提出
  (工事完了確認の為、工事費の領収書かつ補助金の請求書添付
          ↓
8)福岡市による補助対象工事内容調査確認
  (補助金の申請内容と完成内容確認)
          ↓
9)補助金の確定通知
          ↓
10)福岡市よる補助金の振り込み完了(通知後 約1ヶ月後)

●施工状況

耐震壁・補強材料・金物・面材

耐震壁・補強材料・金物・面材 使用材料・施工状況

和室真壁 長押納まり状況

和室真壁 長押納まり状況

洋室大壁 納まり状況

洋室大壁 納まり状況